内部改善のもとになる|eラーニングを取り入れよう|簡単に作成する方法

eラーニングを取り入れよう|簡単に作成する方法

内部改善のもとになる

用紙とペン

モチベーション向上のため

顧客満足度調査はよく行われています。個人で利用した際にもアンケートを求められることも少なくありません。これらはデータ的に集計され、店舗や企業の改善活動に活かされるのです。これとは別に従業員満足度調査があります。顧客満足度調査がCS調査といわれるのに対して従業員満足度調査はES調査と呼ばれています。その実施目的は従業員のモチベーション向上です。すべての従業員がやりがいを持って働ける職場にする事で従業員の意識を見える化し課題発見を早期にできるようにするのです。従業員が最大限のパワーを発揮することで売上拡大やコスト削減は簡単に実施することができます。しかし働いている人も人間ですので、常に100パーセントの状態ではないのです。

目的は定着率向上

今の状態がどのような状態なのかを把握する意味でも従業員満足度調査は必要不可欠なのです。これらの調査は直球で質問を投げることはありません。人間ですので、直球で質問を投げてもそれに正当に回答する可能性は低いのです。そのためいくつかのカテゴリに分けた質問を統合して分析する手法がとられています。潜在意識の中にある仕事へのモチベーションと待遇や評価への満足度を指標化するのです。この結果により従業員をグループ化し、職場リスク保有の状況や不満要因を言及します。さらに改善を実施することで定着率の向上に結び付けることが最終目的となっています。特に離職率が高いような職場では原因が複雑な場合、真の理由を見抜けないケースも多々あるため従業員満足度調査が役に立ちます。